世界の中心で、Why?をさけぶ

世の中右も左も分からないことだらけ。
そんな日常の記録です。
<< April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
# 移転のお知らせ
blogを移転して再開することにしました。
移転先はこちらです。
| comments(0) | trackbacks(0) | 11:27 | category: - |
# 子連れ上洛記

京都は、世界に名だたる観光都市です。
ゆえに、他の都市では考えられないような観光サービスが存在します。

子供乗せ前かご付きのレンタサイクルとかね!!!

続きを読む >>
| comments(0) | trackbacks(0) | 13:03 | category: travel |
# やめた

地震から1週間経って、関連するニュースはあまり見ないようにしています。
見るとしても、NHKかネットの文字情報のみに絞っています。

知らなければいけない、何も起きていないかのように安穏と過ごしてはいけない、
という連帯意識と罪悪感はぬぐえませんが、
私がバテてしまうとぴよ子が寂しそうなので、気持ちを切り替えました。

働いていれば自然に切り替えることができるのかもしれないけど、
家にいるとテレビをつけることができるし、話す相手もいないし。
結果、ぐるぐるといろんなことが頭を巡ってしまう。
自分で立て直すしかありません。

藤原千枝子さん、という同業者の方がblogでupしていた内容を転載します。
(長いので一部カットしています)

----------------------------------------

【災害時のメンタルケア】

◆1.今こそ自分自身のメンタルケアを。

今はまだ地震直後であり、だれでもアドレナリンが噴出している時です。
こういう時は何かをしたくてたまらなくなりますが、
まずはその自分自身の感覚に意識を向けてみましょう。
こまごま意識してみることをトラッキングといいます。

自分自身に対するサポートを最初にしてください。
私たちが落ち着いているか、不安エネルギーをまき散らしているかによって、
様々なことが違ってきます。

◆2. テレビの視聴には気をつけてください。
*特にお子様、感受性の強い老若男女の方々。

身体がだるくなったり、ボーッとしたり、涙が出てきたり、
妙な罪悪感が湧いてきたり、不安状態にある自分に気づいたら、
即刻テレビを消すか、必要なニュース速報のみが流れてくる
全く違う番組にしてください。
テレビで繰り返し繰り返し流される悲惨な映像は、非常に強い吸引力を持ちます。
(とかく最近のメディアは人々の不安をあおるのが特徴です)

人によっては催眠にかけられたようにテレビの前から動けなくなる人もいるでしょう。
こうした映像に何度も何度も自分をさらすことは、何の役にも立ちません。
私たちが生きていく為に必要な情報が得られれば、それだけでいいのです。

◆3. 今一番に必要なのは、身の安全を確保することです。
避難場所、食べ物、人々が安全かどうかをチェックすることが優先です。

◆4. そして非常時に最も大切なのは、人とのコミュニケーションです。
人を求めるのは、とてもとても自然なことです。

その時の自分の思いを言葉にして、所属するコミュニティでシェアしたり、
身近な人に伝えてみてください。もちろん、手段はメールでも構いません。
「メールに書きながら落ち着いてきました。大丈夫です」とおっしゃる方、多いです。

【災害時のメンタルケア】は、
トラウマ療法であるソマティック・エクスペリエンスの療法家(米国在住)
から届いたサポートメールをSEプラクティショナーであり臨床心理士の
藤原千枝子とSEトレーニーであり臨床心理士である牧野有可里がまとめたものである。

-----------------------------------------------

メンタルケアに対する考え方とか志向は人それぞれなので
その点については言及しませんが、
社会に求められているものをこうやって即座に提供できるのは
すごいな、と思います。

難しいことが難しそうに書いてあるけど、要は
日常の雑事を今までどおりにせっせとこなし、
好きなものや楽しいものに触れる時間をちゃんと持って、
人と話して、伝えて、その上で出来る事をやっていこう、と。
そんな当たり前のことが自分を救うこともあります、ってこと。
| comments(2) | trackbacks(0) | 00:03 | category: murmur |
# ぴよ流言語

地震のことばかり考えていると、精神衛生上つらくなりますので、
1歳7ヶ月になりましたぴよ子のことなど。

言葉が増えたぴよ子は、大人の言葉を真似して言いたがります。
が、聞いた言葉を、その通りに発音することがまだできず、
なにやらよく分からない言語をしゃべっています。

チーズは「ちーじゅ」
牛乳は「にゅーにゅー」
帽子は「ぼーち」
このあたりはよくある感じ。

大丈夫、は「えーぷっぷ」
ただいま、は「えーまーま」
…「た」が発音しにくいのか??

お月様は「ちーま」
トマトは「ぷたと」
玉子は「ぷかお」
…一文字も合ってないぞ。

エプロンは、「ぺヨン」

韓流か。
| comments(1) | trackbacks(0) | 15:44 | category: family |
# 被災地への救援物資を送付したい方
昨日、募金してきました。やはりここだろう、と思って赤十字に募金しました。
が、佐々木俊尚のblogを読んで、愕然。

続きを読む >>
| comments(0) | trackbacks(0) | 00:06 | category: murmur |
# ウエシマ作戦

昨夜、相方が帰宅するなり一言。
「うちのオムツ、大丈夫?」
どうやら大阪でオムツが品薄になっているようです。

ツイッターから。
「大阪でもの凄い買い溜めがおこなわれています。
 その買い溜めされた生活物資は、宅配便を使い
 東京の知人宅に送られているのです。
 その為に大阪の物流拠点には荷物が溢れ、物流に支障をきたしています。
 東名阪の物流を混乱される行為は、
結果的に被災地の人を苦しめる行為です。自制して下さい。」(guchi2)

品薄、と聞くと買いたくなるけど、
こうなったら意地でもギリギリまで買わないぞ。
少し前に買ったばかりだから、まだ必要ないし。

引き続きツイッターから。
「ヤシマ作戦(節電)に続き、ウエシマ作戦発動中らしい。
 名称はダチョウ倶楽部の上島から。
 ネタ元はリアクション芸を譲り合う「どうぞどうぞ」ギャグ。
 買い占め等せず、資源、品物を譲り合いましょう、とのこと。
 ヤシマ:節約と、ウエシマ:譲り合い。」(yukinori_tak)

「ヤシマ作戦」が分からない人は、検索すると出てくると思います。

当方、ウエシマ作戦発動中です。
| comments(0) | trackbacks(0) | 09:37 | category: murmur |
# 祈り

大阪はとても穏やかな気候が続いています。

この同じ空の下、地続きの向こう側で、
不自由で不安な生活を強いられている人々がいて、
見つけ出されるのを待っている人々がいる、と考えると
ぴよ子の相手をしていても、家事をしていても、
体の奥がしんと重く冷える感じがします。

壊滅状態、と報道されている町に友人がいます。
津波の後から連絡がとれず、テレビで情報を集めるしかなく
数人で連絡を取り合いながら、夜も眠れず食欲もない日々が続きました。

こんな思いをしている人々が、東北に、そして全国に大勢いるのだと思います。
新聞やテレビに出てくるのは数字だけれども、
その数字の一つ一つに、父がいて母がいて、大勢の友人がいて…

おととい、友人は無事であることが分かりました。
ほっとして、猛烈な眠気に襲われたと思ったら、今度は
相方の友人の両親が音信不通だとか…
いろいろ調べたり考えたりしていたら、また眠れなくなり…
が、そのご両親も無事であることがわかり、昨日、ようやく眠れました。

東北の方々のことを思うと、暖かい布団で眠れることも、
ぴよ子が無邪気に元気でいることも、イチゴを食べることも、
この穏やかな天気ですら申し訳なく、何かできないかと焦ります。

が、今はプロ(自衛隊・レスキュー隊・東電作業員)に任せる段階であって、
プロの邪魔(買占めとか、未確認情報を流すとか)をしないように
気をつける段階のはず。
私が買い物をしたお金が被災地の義援金に回るはずだ、と信じ、
だけど無駄な買い物はせず(物資は被災地へ!)、
ガソリンと電気をあまり使わない生活を心がけようと思います。

必死で活動してくれているプロたちに敬意を。
そして、一人でも多くの方の無事が伝わるよう、祈っています。
| comments(0) | trackbacks(0) | 13:57 | category: murmur |
# ばたばたでしたが

先週末に友人の結婚式に参加し、そのまま帰省しています。

大雪のために新幹線が遅れてしまい、焦りましたが、
なんとか挙式から参加することができました。
綺麗だったー!!お幸せに!!
花嫁である友人がとても綺麗で、幸せ気分を分けてもらった感じです。
私もかつてあんな時が
自分が式を挙げて以来、結婚式に参加するのが以前より楽しくなりました。
新婦の言葉を聞いては涙。
新婦のお父様の言葉を聞いては涙。
いずれぴよ子も…と考えて、また涙。

ぴよ子も連れて参加したのですが、遊んでもらったり、
シェフの方がサービスして下さったり、とかなり母は楽でした。

なのに、こやつ。

帰りの車に乗った途端、ぎゃーぎゃーと泣いて離れなくなり、
しまいには車中で大量に吐いて、ピンクのドレスも
例のリラックマも嘔吐物まみれに…orz

えぇ昔っからこうなんです、この子。
内弁慶と言うか外面がいいと言うか、
他の人がいる場所では大人しくて愛想いいのですが、
家に帰った途端に泣いたり我が儘通したり。
あのお行儀の良さは、緊張のたまものなのです。

多分ジュースを飲み過ぎたなー。
これまで野菜ジュースしか飲んだことのなかったぴよ子。
初めてオレンジジュースやリンゴジュースを飲んで、
それは嬉しそうにがぶ飲みしていたのです。
お茶だったらあれくらい平気だけど、
やっぱりジュースは胃に重いんだねぇ。母も学習しました。
| comments(2) | trackbacks(1) | 14:24 | category: murmur |
# 夜毎の寝言

相方のインフルエンザが治ったと思ったら、
今度はぴよ子の気管支炎(?)です。
診断ははっきりしていないのだけれども。
咳と痰がひどく、時々呼吸ができずに苦しそうです。
暖かくなったから、早くお散歩できるようになるといいなぁ。


咳のせいか別の理由があるのか、
このごろ寝言を言うようになったぴよ子。

昨夜も、布団の中でむにゃむにゃ言っているので
横になったまま聞いていたら、


「…ぱんちゅ」


…パンツ…なんの夢だろう…。
そのまま黙って聞いていたら、またむにゃむにゃ言い出して


「ちぃちぃぱっぱ…」


確かに最近お気に入りの歌だけれども。
夢の中でも歌うのですか、ぴよ子さん。
| comments(0) | trackbacks(0) | 22:31 | category: remark |
# 1歳半

ぴよ子が突発性発疹にかかったり、相方がインフルエンザになったり
パソコンがダウンしたりしていました。
お久しぶりです。

ぴよ子は1歳半になりました。
1歳過ぎてからのこの半年は、本当に楽になったーー!
毎日を楽しむ余裕が出てきました。
一年前とは天国と地獄の差です。

思えば1年前…

生後4ヶ月を過ぎた12月ごろから夜泣きを始めたぴよ子は、
夜中1・2時間ごとに泣いて起き、母乳を飲んでは寝る、の繰り返し…
もともとあまりお昼寝もしない子だったので、
日中も起きている…
ちょうど、うつ伏せで顔が上がるようになった頃で、
視界がぐんと広がって、遊びたいけど一人遊びはできない、
ママの後についていきたい、けど動けない、
つまりは
「ずっと側に居て遊んでちょうだい!!!」状態。

細切れ睡眠の寝不足でげんなりしながら、
でも面倒をみられるのは私しか居ない、という責任感と、
たまに見せる笑顔と寝顔に癒されながら、
どうにかこうにか乗り越えようともがいていたのでした。

それがどうだ。

1歳になると同時に断乳した結果、
「夜中に起きても、おっぱいもらえないみたい」
と分かったぴよ子は、断乳後1ヶ月した頃から、全く起きなくなりましたー!
何時間も続けて寝られるってしあわせ…!!!

1歳前から歩くようになり、体を動かすので疲れるのか、
ことんと昼寝してくれるし。
ほんの少しなら、一人遊びもしてくれるし。
自己主張はするけど、まだ第一次反抗期ではないので、言うことも聞くし。
母は楽です。楽になりました。とても楽しくなっています。

その他の成長など。
続きを読む >>
| comments(2) | trackbacks(0) | 13:13 | category: family |
Categories
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
now reading
Search this site
Sponsored Links